型破りと型なし 〜守破離の重要性〜



  • 守破離って知っていますか?
  • 型破りと型なし
  • それぞれで気をつけるべきこと



守破離って知っていますか?



武道などでよく使われる言葉ですね。



守・・・型を守る
破・・・型を(少し)破る
離・・・型から離れる(自分流)



初心者はまず「型を知り」、「型を身につける」ことが上達・成長の近道になっています。

「守」をしっかり固めることで、「破」「離」に移行したときに、土台が強い状態となり、より大きな成長を見込めるでしょう。



型破りと型なし



上の説明で少しは分かったかもしれませんね。



型破り…土台ができた状態で行うプラスアルファ
型なし…土台がない状態でのめちゃくちゃ


違いは土台があるかないか、ですね。


あなたも自分の身近なことで置き換えればわかると思います。

土台がない状態であれこれやっても、効率はかなり悪いですよね。

逆に少しでも土台ができていると、アレンジできるところ・重要で外せないところがわかり、効率が良くなります。



それぞれで気をつけること



上までのことで
「よし、型が大事なんだな!」
というのは分かっていただけたと思います。





ただ、だからと言って、何も考えずに型をやるだけでは、やや思考停止のようにも思えます。


それぞれで気をつけること

守…型のひとつひとつの意味を考えながら習得する。

ただ、守の時点では意味が分からないものもあるので、考えすぎないことは重要です。

破…すこしずつ変えて試行錯誤し、うまくいったこと・いかなかったことのデータを取る(覚えておく)


離…基礎・基本は絶対に忘れない。心に留めておく。




いかがでしたか?

人生も時間も有限です。
先人の遺産をバンバン使って自分を成長させましょう!

Nakaji Magazine 「一生ものの大学受験」

がむしゃらな勉強だけでは大学は受からない。その先もうまくいかない。ここでは大学受験だけでなく、社会に出ても必要な考え方を身につける支援をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000