予備校選びの基準をあげてみた。「授業力編」【塾講師が「予備校って何がいいの?」を分析してみた。vol.2-1】

From ナカジ


こんにちは。

ナカジこと中島です。


昨日、バイクが帰ってきました。

短かった徒歩&電車の生活が終わり、久しぶりに風を切って走りました。



・・・めちゃめちゃ気持ちがいい。



漫画読みたいなー。とは思ったけど、まあ時間は作ればいいもんね。

バイク乗ってる途中に暇だなーって思ってしまった自分はそろそろ事故ると思う。

気ぃ抜いてたら痛い目みそうなので気をつけまっす。




「予備校って何がいいの?」を分析してみた。【大学受験】 

 大学受験をするに当たって考えること。 

  •  塾・予備校に入る?
  •  通信教育や独学でなんとかする?


まあ手段はいろいろあるわけなんだが、 

 ・・・実際のとこ、どうなの? 

 っていうのが気になった。  



前回は

vol.1「大学受験 予備校 比較」で出たサイトを比較してみた。

先回のまとめ

  • 受験は情報戦! 
  • なるべく整理されてるサイトをみよ! 
  • ネットは嘘もあるので、惑わされないように。困ったら周りの大人に聞いてみよう。 
  • どの予備校がいい。とかではなく、どの予備校を選ぶか!が大事な気がする。   


こんな感じだったね。


なんか中身が薄いような気もするな。しっかりアウトプットしてるといやでもわかる。笑

まあでも優良サイト乗っけてるから、それだけでもだいぶ価値だね。


そうやって自分を許そうか。笑

とはいえ、価値与えたいのでもっと鍛えます!



絶対的な真理


最後の

どの予備校がいい。とかではなく、どの予備校を選ぶか!が大事な気がする。   



っていうのが割と真理だと思うので、近いうちに診断プログラムでも作ろうかなと思ってます。



そこらへんは大学の友達にも協力してもらう。

やっぱ生かさなきゃね。人脈。



真理がわかったとはいえ、

それで終わり。っていうのも悲しいので、全体に言えることをつらつらと綴っていきます。




では今回。

vol.2 予備校選びの基準をあげてみた。


他の比較サイトと同じようになってしまう感もあるが、予備校を選ぶ際にどこをみるか。どこをみればいいか。の基準をあげてみた。



予備校選びの基準

  1. 授業力(教務力・学力別)
  2. 個別サポート(質問対応・学習プラン指導)
  3. 費用(全体費用・一授業あたり費用)
  4. 環境(周りの人・自習)
  5. 立地(距離、周りの環境)


こんな感じかな。



vol.2-1 授業力(教務力・学力別)

  1. 教務力
  2. 学力別
  3. 授業体系


まずは授業力にスポットを当てる。



1.教務力(教科別強み)


他サイトやホームページを参考に、まとめてみました。



2.学力別




やはり、授業に関しては大手が強い。たくさんの在籍を集めてより優秀な講師を雇う。それによってよりたくさんの生徒がくる。という良いスパイラルが生まれている。やはり人が集まるにはある程度の理由がある。ここに大手の圧倒的な強さが見える。




3.授業体系


一方通行型 … 河合、駿台、代ゼミ、準大手の一部(首都圏では城南予備校、四谷学院など) 
双方向型 … 準大手の一部(首都圏では早稲田塾など)および個別型予備校(茗渓塾など) 
授業をしない自立型 … 使用すべき参考書、問題集を指示し、宿題と質問対応がある予備校(武田塾) (受験ネットより引用:http://xn--uor874n.net/yobikou-ranking-1341)




まとめ

  • 授業力は大手がやっぱり強い!
  • 偏差値高い人で自己管理できれば大手で良い
  • 偏差値低いor自己管理できない(もしくは両方の)人は大手は考えた方が良い。上がらない可能性も。
  • 授業も合う・合わないがあるので、体験の授業は受けることをお勧めする。
  • 授業力が全てではないので注意。



次は個別サポートについて書きますー


ではでは。



ナカジ




※比較は個人の評価です。完全な評価ではないことを頭においてみてください。



参考サイト

  • 各予備校公式HP
  • 下記HP

など


Nakaji Magazine 「一生ものの大学受験」

がむしゃらな勉強だけでは大学は受からない。その先もうまくいかない。ここでは大学受験だけでなく、社会に出ても必要な考え方を身につける支援をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000