究極の目標設定 vol.3「Goalまでの道のりを描こう!」 〜人生の道しるべ〜

From ナカジ


こんにちは。

最近ライティングを仕事にしたいと思っていますが、ターゲットが見えない事にモチベーションが上がらずにどうしようか迷っております。そういう意味ではここは最高の環境かなと思います。対面はしてないけどね。

自分が生きるために、できればこれをマネタイズしたいなー。とも思いつつ、どうしよっかなーって感じですね。





前回は、

 vol.2 「SGをとらえよう!」

前回のまとめ

  • 現在地(Start)と目指す先(Goal)をしっかり捉える
  • 現在地を見誤らない
  • しっかりと現実を受け入れる

だったね。


変えられるところをしっかりと変えていく。という思考がとても重要です。



今回は
vol.3「Goalまでの道のりを描こう!」



前回まででSGが把握できたら、「さあ、進もう!」で進んでいくんだけど、


何かまだ不安じゃない?



そうだよね。

学力とか能力は普通の道と違って見えないから不安なんだよね。



やってもやっても不安になるのは、やってもやっても見えないからなんだよね。見えない見えない、どうしようどうしよう、やってて意味あるのかな。みたいな感じで負のスパイラルになってしまう人もいるのではないだろうか。


実際、自分もそうだった。しかも何がたち悪いかって、当時の自分は「やってて意味あるのかな。」で、「じゃあやめちゃおう。」って思考回路になってた。頭悪いよね。当然結果がついてくるわけはなく、高2の世界史やら日本史は20点代とかざらにあった。塾の先生として何も言えないっす。



じゃあ、見えないから不安なんだったらどうすればいい?


単純じゃない?

見えるようにすればいい。




vol.3-1 「見える化」〜Goalまでの道のりを描くメソッド①〜


じゃあ、どうやって見えるようにするの?


そもそも何が見えてないのかはっきりすれば、見えるようにするものも見えてくる。


ということで見えないものを「見える化」していく。


見えないものリスト

  • 成績
  • 勉強量
  • 勉強の質
  • 勉強内容


ここら辺を毎日記すことで、見えないものが見えてくる。


これは毎日やってみて。




そしたら次、


vol.3-2 「細分化思考」〜Goalまでの道のりを描くメソッド②〜

どんなに複雑な人間でも一つの細胞からできているように。


どんなに複雑な機械でも一つの金属からできているように。


どんな野菜炒めも、一つの野菜からできているように。



ひたすら細分化することでとても単純になってくる。



じゃあ今回は何を細分化するの?



細分化することリスト

  1. 時間・期間
  2. 教科・範囲




1. 時間・期間

 例えば偏差値だったら、今40→1年後60を目指していてもなんか現実感ないよね。

 そしたら、今40→3ヶ月後45→半年後50→9ヶ月後55→1年後60みたいに細分化する。そしたら現実感出てくるよね。目標に実感と意味が出てくるよね。ここまできてやっと目標と言える。


2. 教科・範囲

 例えば英語だったら、単語・文法・長文・英文解釈など。数学だったら、関数・図形・確率・集合など。そこでひたすら分解して、苦手を得意でカバーするような戦略を立てればいい。



vol.3-3 「逆算思考」〜Goalまでの道のりを描くメソッド④〜


もう一つ大事な考え方。逆算思考。つまり、「ゴールから考える」という考え方。



なんか前の回でも軽くやったような気がするが、人は概して目の前のことに集中しがちである。


それが悪いことではないし、勉強の時は目の前のことに存分に集中する必要はあるのだが、たまに、最低一週間に一回はゴールを見る必要がある。


それによって今、自分がしっかり進めているのか確認ができる。



vol.3-4 「やることリスト作成」〜Goalまでの道のりを描くメソッド④〜

今までひたすらリストリスト言っといて、またリストかよ。って思うかもしれないがこれに尽きる。


「見える化」である。


「見える化」することでやらなければならないことがはっきりしてきて、余計なことは考えづらくなる。精神にも学力にも効果が出てくる。



やることリスト作成のポイント!

  • 一週間単位でリストを作るのがオススメ。1ヶ月単位だと効果薄いし、1日単位だと融通がきかないので。
  • Goal→3ヶ月くらい→1ヶ月→一週間の順でやることリストを作る。大事なのは逆算思考・細分化思考
  • もちろん最初から完璧なことはないので、気持ち適当でもいい。最低毎週は確認し、進むべき方向を修正し改善する




まとめ

  1. 「見える化」
  2. 「細分化思考」
  3. 「逆算思考」
  4. やることリスト作成



今回はなかなかこいものが作れたのではないだろうか。これには相当価値があると思う。(という自画自賛)


大事なことは、実際に行動すること


どんなにいい情報も持ってても、どんなに高尚な考えを持っていても、それを行動に移さなきゃ意味がない。価値は発生しない。


ぜひやってみて。

難しいかもなので、困ったらサポートするので以下まで。

jomo.iky198[@]gmail.com



ではでは。


ナカジ

Nakaji Magazine 「一生ものの大学受験」

がむしゃらな勉強だけでは大学は受からない。その先もうまくいかない。ここでは大学受験だけでなく、社会に出ても必要な考え方を身につける支援をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000