将来に思い悩む全ての人に捧ぐ、読んで欲しい一冊の本


From ナカジ


こんにちは。


世の中は選挙が終わって与党圧勝。野党は情けなかったね。日本の未来もどうなるのかなあという感じではあるが。


高校生はテスト前かな。文化祭前後の人も多いだろう。

受験生は大詰めといったところ。

高2は来年に向けて志望校を考えている人も多いかもしれないね。


まあどんな年齢だろうと悩みのタネは探せばキリがないね。

学校、友達、家族、恋愛、仕事、お金、、、



悩んじゃって、目の前の勉強に集中できない。


だから気を紛らわすために、他のことに没頭しちゃう



っていう人に特に読んで欲しい。


D・カーネギー「道は開ける」



まあ結構こってり系で重めの本なので、自分の気になったところだけ読んでみるのをオススメします^^


これから自分の思考整理と読書嫌いの人のためにこの本についてまとめていこうと思います。


ではまた。


ナカジ




Nakaji Magazine 「一生ものの大学受験」

がむしゃらな勉強だけでは大学は受からない。その先もうまくいかない。ここでは大学受験だけでなく、社会に出ても必要な考え方を身につける支援をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000